ブログ

ブログ

他では見ないスイーツに出会える! | わらやき屋龍馬の塔

2019.02.6
他では見ないスイーツに出会える! | わらやき屋龍馬の塔
こんにちは、わらやき屋龍馬の塔 PR担当です。

 

わらやき屋龍馬の塔に来て初めて、高知の食文化の豊かさを知ったとおっしゃる方は多くいらっしゃいます。高知の名物はまずは酒、いやいや鰹のたたき、いやいや鰻、いやいや・・・と挙げればきりがありません。海の幸、山の幸に恵まれすぎているのです。
ということで紹介したいお料理は限りなくありますが、今回は高知がテーマのわらやき屋龍馬の塔だからこそ出会えるスイーツをご紹介します。高知にゆかりあるものばかりです。

 

塩気と甘みが絶妙!


ミレービスケット!ご存知の方は高知出身か東海地方出身の方ではないでしょうか。もともと某製菓メーカーが開発したミレービスケットですが、名古屋の会社で広められ、高知では野村煎豆加工店が製造しています。高知での生産量が特に多く、高知県民のソウルフードとまでいわれています。
わらやき屋龍馬の塔では、このミレービスケットにアイスをそえ、お出ししています。「ミレービスケットアイス」は塩気と甘みがちょうどいい、小腹が満足と大好評です。



 

お酒とも意外に合います!


たくさん食べたいわけではないけど、ときどきむしょうに食べたくなる。そんな魅力の芋けんぴが、わらやき屋龍馬の塔なら食べられます。からっと揚げられほどよい歯ごたえで何と言っても芋そのものの質がいいといわれます。この芋けんぴ、意外にもお酒にも合うので食後のデザートとしてだけでなくご注文ください。



 

今ではすっかり全国区?


高知ではどこでも目にするアイスクリームとして有名な「アイスクリン」。今では全国でも知られるようになりました。シャリシャリとしたシャーベット状の食感とあっさりとした味わいが好評で、ミルクセーキのような卵系のものが特に人気です。わらやき屋龍馬の塔なら高知に行かなくても食べられますよ。



 

かつをやはちきん地鶏などの豪快な「藁焼き」が楽しめる藁焼き専門店

浜松町・大門駅徒歩2分

1階から3階まで、1棟で「龍馬の生きた時代」を表現。

必見は一階の「藁焼きカウンター」 1M以上もある炎が立ち上がり、

藁の香ばしい香りが漂う。

龍馬の生きた時代空間と現代が交錯する大人の空間。

旨い酒と料理とともにゆったりした時間を味わうことができます。

江戸末期の雰囲気が感じられるお店を、お楽しみください。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7300-1893

以上、わらやき屋龍馬の塔PR担当でした。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。
※コースに関しましては、内容、構成が一部異なる場合がございます。詳細は、予約時にご確認ください。

わらやき屋 龍馬の塔のご案内 | 浜松町 居酒屋

店名
わらやき屋 龍馬の塔
住所
東京都港区浜松町2-1-7 浜松町201ビル
電話番号
050-7300-1893
営業時間
月〜木
ディナー 17:00〜23:30
(L.O.22:30)

土・日
ディナー 16:00〜23:00
(L.O.22:00)


17:00〜翌2:00
(L.O.1:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
JR 浜松町駅 北口 徒歩2分
都営大江戸線 大門駅 A1番・B4番出口 徒歩1分