ブログ

各階ごとに趣の違ったもてなしができます | わらやき屋龍馬の塔

2019.01.23
こんにちは、わらやき屋龍馬の塔 PR担当です。

「龍馬の塔」という店名が示す通り、1階から3階までの1棟すべてで龍馬の生きた熱い時代を表現しています。どの階もそれぞれに趣があり、何度か足を運びたくなると好評です。

 

1階は熱い時代、熱い心を表現


カウンター席で間近に見られる火柱を上げて焼かれる藁焼きのパフォーマンスが圧巻と評判です。豪快な炎で仕上げられた藁焼きの鰹のたたきの美味しさもまた格別。熱き男、土佐の龍馬を感じられます。



 

2階は剣術修行を表現


龍馬が剣術を学んだ通称「千葉道場」は、正式な名前は「玄武館」です。壁には竹刀がずらりと飾られ、ものものしい雰囲気に一瞬立ち止まって目を丸くされるお客様の姿を目にすることも。幕末の志士たちのオブジェ、古材風の木をふんだんに使った内装など、まるで時代劇の中に入り込んだかのようと好評の2階席。背筋を伸ばしたくなるような緊張感も味わえる落ち着きある空間をお楽しみください。



 

3階は新時代の幕開けへの夢を表現


目の前に広がるライティングウォール。大きく伸びやかな絵が、桂浜を眺め育ち、夢を語り、太平洋という大海原に舟を進めてきた龍馬が夢見た日本の夜明けを表現しています。「ここに来るとなんだか気持ちが晴れ晴れする」といった声もいただく明るい雰囲気の3階です。階全体を貸し切って祝賀会などのお祝い席にもおすすめです。



 

かつをやはちきん地鶏などの豪快な「藁焼き」が楽しめる藁焼き専門店

浜松町・大門駅徒歩2分

1階から3階まで、1棟で「龍馬の生きた時代」を表現。

必見は一階の「藁焼きカウンター」 1M以上もある炎が立ち上がり、

藁の香ばしい香りが漂う。

龍馬の生きた時代空間と現代が交錯する大人の空間。

旨い酒と料理とともにゆったりした時間を味わうことができます。

江戸末期の雰囲気が感じられるお店を、お楽しみください。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7300-1893

以上、わらやき屋龍馬の塔PR担当でした。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。
※コースに関しましては、内容、構成が一部異なる場合がございます。詳細は、予約時にご確認ください。

わらやき屋 龍馬の塔のご案内 | 浜松町 居酒屋

店名
わらやき屋 龍馬の塔
住所
東京都港区浜松町2-1-7 浜松町201ビル
電話番号
050-7300-1893
営業時間
月〜木
ディナー 17:00〜23:30
(L.O.22:30)

土・日
ディナー 16:00〜23:00
(L.O.22:00)


17:00〜翌2:00
(L.O.1:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
JR 浜松町駅 北口 徒歩2分
都営大江戸線 大門駅 A1番・B4番出口 徒歩1分