ブログ

圧巻のわらやき!絶品カツオのたたきは当店へ! | わらやき屋龍馬の塔

2018.05.2
こんにちは、わらやき屋龍馬の塔 PR担当です。

 

ゴールデンウィークとあって、お出かけをされる方は多いかと存じます。

高知までは行けなくても、東京・浜松町で高知の味を楽しめるのが当店です。
今回の記事では当店最大の売りである『わらやき』についてご紹介していきましょう。

 

職人技が光るわらやき!燃え上がる炎は迫力満点




当店1階部分に位置している藁焼きカウンター。
燃え上がる炎と香ばしい藁の香りが印象的かと思います。

藁焼きとは基本的に、カツオのたたきをつくる際に束にした藁に火をつけて身の表面をあぶることを言います。

その炎の温度はおよそ800度から900度。
これもただ焼けば良いわけではありません。

生焼けでは生臭く、焼き過ぎれば焼きガツオになってしまいます。
この技術を習得した職人は土佐でも少ないと聞きます。

 

当店では絶対に外せない!『かつおわらやき塩たたき』




選りすぐりの職人が絶妙な頃合いで焼き上げた『かつおわらやき塩たたき』は、当店渾身の一品です。
頬張れば藁の香ばしさと、適度に脂がのったカツオのうまみが口の中いっぱいに広がります。

土佐のたたきは、皮部分の方を中心にサッと焼く『焼き切り』です。

普通のたたきと違い氷水で冷やさず、作りたてをまだ温かいうちにいただくのが土佐流でございます。

普段と一味も二味も違う『かつおわらやき塩たたき』を味わう事ができるのは当店ならでは。

ぜひ気になられた方は当店までお越しください。

スタッフ一同、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

 

かつをやはちきん地鶏などの豪快な「藁焼き」が楽しめる藁焼き専門店

浜松町・大門駅徒歩2分

1階から3階まで、1棟で「龍馬の生きた時代」を表現。

必見は一階の「藁焼きカウンター」 1M以上もある炎が立ち上がり、

藁の香ばしい香りが漂う。

龍馬の生きた時代空間と現代が交錯する大人の空間。

旨い酒と料理とともにゆったりした時間を味わうことができます。

江戸末期の雰囲気が感じられるお店を、お楽しみください。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7300-1893

以上、わらやき屋龍馬の塔 PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

わらやき屋 龍馬の塔のご案内 | 浜松町 居酒屋

店名
わらやき屋 龍馬の塔
住所
東京都港区浜松町2-1-7 浜松町201ビル
電話番号
050-7300-1893
営業時間
月〜木
ディナー 17:00〜23:30
(L.O.22:30)

土・日
ディナー 16:00〜23:00
(L.O.22:00)


17:00〜翌2:00
(L.O.1:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
JR 浜松町駅 北口 徒歩2分
都営大江戸線 大門駅 A1番・B4番出口 徒歩1分