ブログ

小さい卵の中にたっぷり詰まった栄養素 | わらやき屋龍馬の塔

2018.01.17
こんにちは、わらやき屋龍馬の塔 PR担当です。

皆様は「卵かけご飯」を良く食べますか?温かいご飯の上に生卵をかけて食べる「卵かけご飯」ですが、生卵を食べるという習慣は日本ならではの食文化です。卵アレルギーや卵が苦手でなければ、多くの日本人の方が食べたことがあるのではないでしょうか。随分前に卵かけご飯が流行った時は、「TKG」という略語が生まれたり、卵かけご飯を専用の醤油も発売されるなどしましたよね。

本日は、お正月がひと段落した今、胃を休めるのにおすすめの「卵かけご飯」についてご紹介したいと思います。

 

胃にやさしく消化に良い「卵かけご飯」




「卵かけご飯」は、消化が良く胃に優しいので、朝食にもおすすめな食事です。良質なタンパク質を豊富に卵は、加熱調理する様々な栄養素の性質が変質する特性を持っています。そこで、昔から親しまれている生卵をそのままご飯にかけて食べる「卵かけご飯」は、卵がもっている栄養をそのままに摂取することができるのです。ここで卵から得られる主要の栄養をご紹介いたします。

 

◆グルタミン◆

免疫力アップ、筋肉を強化、筋肉の発達を助けるなどの効果があり、筋トレやダイエットなど体型をきにされている方にもおすすめです。

 

◆レシチン◆

卵黄に含まれるレシチンには、血中の悪玉コレステロールを下げる効果があるとされています。動脈硬化や脂質異常症などの予防に適しているので、健康診断でコレステロール値などが気になっている方は摂取されてみてはいかがでしょうか。

 

◆アンチオキシダント◆

血流や血圧を正常化する働きがあります。抗酸化作用で活性酸素除去の効果もあることから、最近は「飲む日焼け止め」にも使われていて、美肌を維持するためにも必要な成分ということが分かります。

 

 

土佐名物!土佐ジローの卵を贅沢に食べる




土佐ジローの卵かけご飯・・・450円(税抜き)

大自然の中でのびのびと育てられた土佐ジローは40g程度と小さめな卵ですが、その小さい卵の中に豊富な栄養素が凝縮されています。黄身は盛りあがり濃厚な味わいが特徴で、卵かけご飯といえば醤油をかけて食べますが、当店では卵本来の味をご堪能いただくため、塩でお召し上がりいただいております。

 

 

かつをやはちきん地鶏などの豪快な「藁焼き」が楽しめる藁焼き専門店

浜松町・大門駅徒歩2分

1階から3階まで、1棟で「龍馬の生きた時代」を表現。

必見は一階の「藁焼きカウンター」 1M以上もある炎が立ち上がり、

藁の香ばしい香りが漂う。

龍馬の生きた時代空間と現代が交錯する大人の空間。

旨い酒と料理とともにゆったりした時間を味わうことができます。

江戸末期の雰囲気が感じられるお店を、お楽しみください。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7300-1893

以上、わらやき屋龍馬の塔 PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

わらやき屋 龍馬の塔のご案内 | 浜松町 居酒屋

店名
わらやき屋 龍馬の塔
住所
東京都港区浜松町2-1-7 浜松町201ビル
電話番号
050-7300-1893
営業時間
月〜木
ディナー 17:00〜23:30
(L.O.22:30)

土・日
ディナー 16:00〜23:00
(L.O.22:00)


17:00〜翌2:00
(L.O.1:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
JR 浜松町駅 北口 徒歩2分
都営大江戸線 大門駅 A1番・B4番出口 徒歩1分