ブログ

ブログ

食材のうまみを閉じ込める藁焼きをご賞味ください | わらやき屋龍馬の塔

2019.09.18
食材のうまみを閉じ込める藁焼きをご賞味ください | わらやき屋龍馬の塔
こんにちは、わらやき屋龍馬の塔 PR担当です。

高知県の郷土料理「藁焼き」は、強力な火力で調理するため食材のうまみを逃がさず閉じ込める優れた調理法です。お料理を口にした瞬間、藁特有の香りもふんわりと感じ、食欲も倍増!本日はそんな藁焼きメニューの中から、特におすすめしたい2品をご紹介いたします。

 

しっとり触感の牛リブロース




お肉好きにはたまらないこちらのお料理、「牛リブロース藁焼きステーキ」。ほどよい霜降りと、きめ細やかな肉質のリブロースを藁焼きにした一品です。外側はしっかりと焼けていますが、中は美しいピンク色で、口に入れた瞬間しっとりとした触感を楽しむことができます。柔らかくて、噛むたびに肉汁もたっぷり。お肉の熱でとろけたバターと一緒にいただけば、よりいっそうコクが深まります。肉汁を吸い込んだ玉ねぎもとってもおいしいのでぜひお召し上がりください。

 

止まらなくなるおいしさ…カマンベールチーズの藁焼き




お酒がどんどん進むメニュー、「カマンベールチーズの藁焼き ミレービスケット」。ほんのり感じる藁の香りと、トロトロにとろけたチーズがたまらない一品。実はミレービスケットも高知で製造されているお菓子で、懐かしい味がコクのあるチーズにぴったり。ディップして食べると最高のおつまみになります。

 

かつをやはちきん地鶏などの豪快な「藁焼き」が楽しめる藁焼き専門店。
浜松町、大門駅より徒歩2分。

1階から3階まで、1棟で「龍馬の生きた時代」を表現。
必見は一階の「藁焼きカウンター」 1メートル以上もある炎が立ち上がり、
藁の香ばしい香りが漂います。

龍馬の生きた時代空間と現代が交錯する大人の空間。
美味しい酒と料理とともにゆったりした時間を味わうことができます。
江戸末期の雰囲気が感じられる店内を、お楽しみください。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

Twitterはこちら

電話番号:050-7300-1893
オンライン予約はこちら

以上、わらやき屋龍馬の塔PR担当でした。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。
※記載している内容、コース構成、金額等、実際と異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

わらやき屋 龍馬の塔のご案内 | 浜松町 居酒屋

店名
わらやき屋 龍馬の塔
住所
東京都港区浜松町2-1-7 浜松町201ビル
電話番号
050-7300-1893
営業時間
【月〜木】
ディナー 17:00〜23:30
(L.O.22:30)

【土・日】
ディナー 17:00〜23:00
(L.O.22:00)

【金】
17:00〜翌2:00
(L.O.1:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
JR 浜松町駅 北口 徒歩2分
都営大江戸線 大門駅 A1番・B4番出口 徒歩1分