ブログ

高知のうまいもん!どろめを味わう | わらやき屋龍馬の塔

2018.09.28
こんにちは、わらやき屋龍馬の塔 PR担当です。

「どろめ」ってどんなさかな、と言っても耳慣れない方も多くいらっしゃるかも知れません。高知の方言でどろめは「イワシの稚魚」のこと。つまりしらすのことを指します。

高知でいうどろめとは穫れたてをその場で食べるもので、どろめは足が早いため、ながいこと県外不出の珍味とされてきましたが、近年の冷凍技術、輸送技術の発達により、東京に居ながらにしてどろめのおいしさを味わうことができるようになりました。

そのまま食べる「どろめ」をはじめ、高知のおいしいしらす料理をご紹介したいと思います。

 

新鮮などろめを東京で味わう




どろめ

浜から揚げてすぐ食べるのが最高においしいそうですが、鮮度がすぐ落ちてしまうというどろめを、浜で揚げた鮮度そのままにみなさまにご提供しております。

程よい塩味、やわらかくプリッとした食感をお楽しみください。

 

釜揚げもいける味です!




しらすおろし

どろめをさっと塩ゆでした釜揚げしらすを、たっぷりのだいこんおろしとともにご提供しております。

朝食のおともと思いがちなしらすは、程よい塩味が酒のつまみとしても最高です。

 

〆は高知の名産盛り合わせで!




釜揚げしらすのかつを飯

高知のうまいもんどろめを釜揚げしたしらすと、かつをのほぐし身をたっぷり乗せたかつを飯は、高知のうまいもんを堪能した後の〆として最高です。
サラサラとかき込みやすい組み合わせがくせになりそうです。

 

かつをやはちきん地鶏などの豪快な「藁焼き」が楽しめる藁焼き専門店

浜松町・大門駅徒歩2分

1階から3階まで、1棟で「龍馬の生きた時代」を表現。

必見は一階の「藁焼きカウンター」 1M以上もある炎が立ち上がり、

藁の香ばしい香りが漂う。

龍馬の生きた時代空間と現代が交錯する大人の空間。

旨い酒と料理とともにゆったりした時間を味わうことができます。

江戸末期の雰囲気が感じられるお店を、お楽しみください。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7300-1893

以上、わらやき屋龍馬の塔 PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

わらやき屋 龍馬の塔のご案内 | 浜松町 居酒屋

店名
わらやき屋 龍馬の塔
住所
東京都港区浜松町2-1-7 浜松町201ビル
電話番号
050-7300-1893
営業時間
月〜木
ディナー 17:00〜23:30
(L.O.22:30)

土・日
ディナー 16:00〜23:00
(L.O.22:00)


17:00〜翌2:00
(L.O.1:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
JR 浜松町駅 北口 徒歩2分
都営大江戸線 大門駅 A1番・B4番出口 徒歩1分